がん検診伸び悩み

小林麻央さんが亡くなられて日本中が悲嘆に暮れている。

今こそがん撲滅に奮起すべきだと思う。

まず禁煙運動の輪を拡げよう。そしてがん検診。欧米に比べ日本人の検診率は低調だが、最大の理由が多忙だそうだ。それから女性の場合は恥ずかしさも一因。
だが、命には代えられない。両方に都合が良いのが郵送検診です。
手遅れになるまえに!

 

がん検診伸び悩み 16年、50%超は男性肺がんのみ
日本経済新聞 2017/6/28

written by 筒井豊春

間質性肺炎

中学以来の親しい先輩が急逝との訃報に茫然自失。

奥さんに話を聞くと間質性肺炎を発症して2週間で旅立たれた由。67歳になられたばかりで来月の初孫の顔も見ずに逝かれた。

間質性肺炎の予防接種は、西田敏行さんがTVで広告していますが私も昨年受けたばかり。どうも先輩は失念していたようだ。慚愧に堪えない。

肺炎は日本人の死因第3位。50代以上の男性で喫煙者に多い。発症して数日から数年で死亡と致死率も高い。予防接種はマストです。

たかが風邪と軽く見てはいけない。「風邪は万病の元」、毎日ビタミンCを摂ろう

合掌。

「間質性肺炎とは」Medical Note

written by 筒井豊春

なぜ、日本人ばかりが「がん」で死ぬのか

米国は90年代以降、がん死亡者数はピークから2割程低下している。一方、日本は毎年罹患率と死亡率の記録更新中です。

研究 欧米ではどんどん減っているのに なぜ、日本人ばかりが「がん」で死ぬのか(週刊現代2014年10月14日)

急増する補完代替療法の臨床試験(朝日新聞2016年11月1日

再び異常事件発生。間欠性爆発性障害か?

再び異常事件発生。中学生の殺人未遂事件。

幸い5歳の女児は重傷だが命に別状はなかった。本当に良かった。中学生は面識がない女児を咄嗟の行動で2階に持ち上げそのまま投げ落とした。通報で駆け付けた警官はその辺にたむろしていた少年を逮捕。

典型的な「間欠性爆発性障害」(IMD)の可能性を疑う。「栄養素のチカラ」(p146 第8章行動障害とADHD)。

小さい頃から目を背けたくなるような動物虐待を平気で行う児童は要警戒。

何度でも言います。「事件が起こってからでは遅い」のです。両親、親戚、近所の大人たち、友人、教師など奇怪な虐待行動する子どもがいたら老婆心で両親に教えて上げて下さい。重大な傷害事件の前兆です。子どもたちとその家族を一生不幸にしないために!!

5歳女児を2階から投げ落とす…容疑の中3逮捕

 

 

The Silent Epidemic(静かなる流行病)―アルコールの神経毒

米国在住の友人が訪ねてきた。留学以来40年以上の親友である。
「漸く原因が分かったよ」と書籍を土産に貰った。
彼ら夫妻が米国で養子縁組して10年以上になる養女が、原因不明の病気で長年多くの医師に診て貰ってきた。
土産の書籍が「The Silent Epidemic」(静かなる流行病)。
米国で、アルコール依存症の女性から生まれる子供たちに深刻な問題が起きている。
実は養女の母親がアルコール依存症だっただ。

妊娠を予定の女性及び伴侶は飲酒の危険を正確に理解すべきです。
生まれてくる子供たちを不幸にしない為にご紹介させて頂きます。

アメリカでは胎児性アルコール依存症(FASD)で生まれる子供たちが20人に1人という。深刻です。
日本も若い女性が酒豪を自慢話にする時代です。
FASDの危険を認識してほしい。正確な知識で防げる病気です。生まれてくる子供たちの為に禁酒禁煙は必須です。胎児はまず脳から成長します。後悔先に立たず!

The Silent Epidemic(静かなる流行病)

肺腺がんの増加、実は「軽いたばこ」が原因の一つになっていた(研究結果)

軽いタバコががん罹患リスク軽減に繋がるというのは間違い。
軽いかどうかはフィルターの穴で調整している。燃え方によって有害物質の排出をむしろ促進する。肺腺がんの増加は軽いタバコが原因の可能性大という。
兎に角、タバコは成人で2-3本で致死量に至る青酸カリ以上の猛毒。即禁煙が一番です。

詳しくは下記のリンクより。
肺腺がんの増加、実は「軽いたばこ」が原因の一つになっていた(研究結果)(HUFF POST 2017年5月23日)

A man smokes a cigarette in front of a cigarettes store displaying several packages of brands in Tokyo August 25, 2014. REUTERS/Issei Kato (JAPAN – Tags: SOCIETY)

受動喫煙対策、「日本は新興国以下」とハーバード大教授が警告

DIAMOND onlineで下記の記事が掲載されました。
 
日本の受動喫煙対策は世界から見て遅れており、日本が「たばこ政策後進国」であるということは意外と知られていない。欧米諸国に比べて遅れているだけではなく、ベトナム、タイなどのアジア諸国、そしてブラジル、インドなどの新興国にも遅れを取っている。現在、法制化されようとしている受動喫煙防止法案は、広く世界で常識ともなっている受動喫煙対策を一気に進めるチャンスとハーバード公衆衛生大学院のイチロー・カワチ教授は指摘する。
詳しくはリンクより⇒ DIAMOND online

 

上記の記事を読んで感じたことは、海外の有名大学の教授のご意見まで出さないと記事にしないマスコミも問題です。
男子の喫煙率は先進国最悪で30%台で高止まりしていて欧米の約2倍です。新興国は50%を超えています。
飲食店の支払いは接待にしろプライベートにせよ男性が払うのが一般的です。だから男性客を失う飲食店にとって死活問題です。むしろ先進国で日本女性の喫煙率は最低なので女性客には喜ばれます。
従って受動喫煙問題は男性喫煙者を20%以下に引き下げる政策こそ重要です。知恵をもっと出すべきです。

うつ病にはいろいろな選択肢があってよい

WHO(世界保健機関)によると2015年に世界のうつ病で苦しむ人は3億2200万と全世界の4%。日本は506万人。
日本で医療機関を受診しているのは2014年で112万人。全体の2割程度。病院に行かず悶々と苦しんでいる人が400万人。
漫画家の著者自身がうつ病から脱却できた方法を漫画「うつヌケ」で発刊した。20万部が売れている。
うつで苦しんでいる人に朗報です。
薬を使われない白澤卓二先生にお会いしたら「栄養素のチカラ」を興味深く読んで頂いているという。
うつ病にはいろいろな選択肢があってよい。

うつ病経験を漫画に「うつトンネル」の向こうで待っています。(Yahoo News)

健康管理は”待ったなし”

今夏場所で茨城県出身横綱の稀勢の里関の三連覇に注目が集まっています。
相撲人気に”水を差す”つもりは毛頭ありません。むしろ国技の発展を願って敢えて相撲取りの健康問題を取り上げます。(敬称略)

相撲取りは極めて夭逝です。昨年すい臓がんで亡くなった千代の富士(61)は記憶に新しい。今年も時天空が37歳の若さで血液がんで早世した。
そこで戦後の横綱と大関で鬼籍年齢を調べた結果が以下の通り。

■横綱経験者(13名、享年)
千代の富士(61) 北の湖(62) 隆の里(59)琴桜(67)玉の海(27)大鵬(73)柏戸(58)朝潮(58)初代若乃花(82) 栃錦(43)吉葉山(57)鏡里(80) 双葉山(56)

■大関経験者(11名、享年)
魁傑(66) 北天佑(45)初代貴ノ花(55)大麒麟(68)栃光(43)北葉山(75)若羽黒(34)琴ヶ浜(53) 松登(61) 大内山(59)三根山(67)

戦後の横綱経験者13名の平均寿命は60.2歳、同大関経験者11名の平均寿命は56.5歳。
相撲取りは入門時の平均80kgの新弟子が数年で倍近くの体重になっていく宿命です。炭水化物等のカロリー過多の食事を長年とった結果、コレステロール値400、尿酸値10、BMI50などの数値が当たり前。
今後の国技の発展のためにも相撲取りの健康管理は”待ったなし”です。
相撲協会の真剣な”取り組み”に期待しています。