郵送検診

血液の採り方

郵送検診の商品の内、胃がん検査や、前立腺がん検査など、検査のために採取する検体が血液のものがあります。
お客様に商品をお薦めするにあたって、「血液を自分で採取する」ことのイメージがまったく湧かないお客様がほとんどです。
お取次者様/販売者様におかれましては、以下の説明や検体採取の動画をご覧いただき、血液の採取方法のイメージをお伝えすることにお役立てください。
血液の採取に際して、指先に「ランセット」という細い針が隠された器具によって、その針で指先に小さなキズを付けます。
残念ながら、お取次者様/販売者様に以下の資料や動画では、その痛みまでお伝えすることはできませんが、皆さんも、過去にこのような経験はありませんか?
「書類を挟んでいるホチキスの針がちゃんと曲がっていなくて、誤って指先にホチキスの針が刺さってしまった。」
あの時のホチキスの痛みの10分の1くらいです。(個人により差が違います。)
心配するほど、痛いものではありませんし、過去に、出血が止まらないなどの事故は発生していません。 指先に針を刺し、採血をする採血器具ランセットが入っています。
おひとりで簡単に採血することができます。

STEP1:指の柔らかい部分にランセットを垂直に押しあてる。

指

採血器具の内ケースの先端を垂直に押しあて、そのまま強く押してください。
(内蔵された針が飛び出します。)
※採血部位は、指先の中央よりやや両側もしくは指の腹の中央。



STEP2:血液を押し出す。

指

傷口に向かって指の根元から指先へ血液を押し出し、米粒大の血液を指先に溜めます。
※心臓より手を下げて搾り出してください。



STEP3:ろ紙に血液を染み込ませる。

指

指の先に溜まった血液をろ紙の○部分に染み込ませます。
この際、指がろ紙に触れないよう、血液を落とすようにしてください。
※血液がろ紙の裏側まで染み込むよう滴下してください。



便の採り方

  1. 容器の中の液は捨てないで下さい。
  2. 1本の採便容器に二回分採らないで下さい。
  3. 人体に直接使用しないで下さい。(採便以外の目的で使用不可)
  4. 生理中は採便を避けてください。
  5. 子供の手の届かない所に保管して下さい。

採便容器1本で1日分です。2本入っている場合は2日分です。
(1本の採便容器に2日分採らないで下さい。)

便座

STEP1:名前を記入後、スティックを回して抜きます。

便2

STEP2:便をまんべんなくこすりとります。

便3

STEP3:容器に差込み、締めて袋に入れて提出します。

便4

尿の採り方

STEP1:カバーを抜き取りキャップに差し込みます。

尿1

黄色のカバーをまっすぐ抜き取り、口部分をキャップの中にしっかり差し込みます。



STEP2:尿を採ります。

尿2

放尿中の尿に採取口をあてると尿が採れます。



STEP3:カバーを戻します。

尿3

採取後、黄色のカバーをもう一度抜き取り、元の位置に戻します。
戻すときはカチッと音がするまで、しっかり奥まで差し込んでください。



STEP4:確認後、テープを貼ってください。

尿4

再度キャップが閉まっているか確認してください。
採尿後は、ラベルをキリトリ線より切り離して銀色のテープをはがし、巻き付けて貼ってください。
朝一番の尿を採取してください。
検査には濃縮された尿が必要です。前回の排尿から4時間以上経過した物が好ましいです。




膣ぬぐい液の採り方

リラックスして楽に挿入ができる姿勢を選びましょう。


STEP1:膣内にスポイトを挿入します。

膣内1

①スポンジがスポイト内に収まっていることを確認してください。
ホルダー部(クリーム色の部分)を持ってください。

②スポイトを膣の多くまで十分に(スミレ色の部分をすべて)
ゆっくり挿入してください。スポイトは子宮の中まで入ることはありません。
スポンジがまれに出ている場合がありますが、ご使用上に問題はありません。


STEP2:膣内の細胞を採取します。

膣内2

③ピストンを押してスポンジを出し、ピストンのボタンを指で押さえます。

④膣壁にそってゆっくりと5~6回まわしてください。スポンジに細胞が吸収されます。



STEP3:スポイトを膣から引き出します。

膣内3

⑤スミレ色の部分が半分出るくらい膣から引き出します。

⑥ピストンを引きスポンジをスポイト内にしまってから、スポイトを膣から引き出します。

《注意》
スミレ色の部分が全部入ったままピストンを強く引くと、スポンジが挟まって切れるおそれがあります。膣から取り出した時にスポンジの長さを確認してください。



STEP4:スポンジの細胞を試験管に洗い出します。

膣内4

⑦保存液の中にスポンジを入れ、ピストンを5~6回上下させてください。細胞が洗い出された保存液が検査物ですので、しっかりキャップをしめ折り返してください。

《注意》
採取後はすぐに試験管の中に洗い出してください。




痰(タン)の採り方

起床時に口の中をゆすいでから痰を採ります。
深く息を吸い空咳を繰り返して、のどの奥にからまる痰を採ります。

痰1

STEP1:痰(タン)を出します。

痰2

唾液や鼻汁は検査不能です。痰が出にくい時は、胸をたたいたり、湯気を深く吸い込み、肺の奥から出してください。
ハイハイのポーズをして首を下げていると痰は重力で自然にのどのほうへ出て来ます。



STEP2:保存液入り袋に入れます。

痰3

保存液入り袋の口をハサミで切り取り円筒状に持って痰を上手に吐き出すか、または別にとり親指頭大を割り箸で挟んで袋に入れ口具で止めます。



STEP3:採痰日を記入します。

以上の手順で、3日間痰をとり、採痰日を記入します。少ない時は3日以上とっても、かまいません。
採痰後は、袋の空気を押し出して、袋口をラベルと共に折り曲げ、もと通りに口具で止めます。



STEP4:提出します。

最後にこの用紙をもと通り容器に敷き、採痰袋を中に納め、更に容器をチャックポリ袋に入れます。
採痰後は速やかに提出して下さい。