元素周期表

今日、2016年2月8日、Googleロゴはドミトリ メンデレーエフ生誕182周年を記念したものになっています。
誰?と思って調べてみると、ら・べるびぃ予防医学研究所とも関係があったのでご紹介します。1834年1月27日(グレゴリオ暦2月8日)に生まれたドミトリ メンデレーエフは、ロシアの化学者で、元素の周期律表を作成し、それまでに発見されていた元素を並べ周期的に性質を同じくした元素が現れることを確認し、発見されていなかった数々の元素の存在を予言したことで知られているそうです(wikipediaよりhttps://goo.gl/V2qfpB)。

google

 

 

 

 

 

元素の周期表、私はら・べるびぃで仕事をするようになってから元素について学ぶ機会が多くなりました。
「多くなりました」と書きましたが、高校を以来、元素について考えることなんて皆無だったといってもいいかもしれません。

“水兵リーベ僕の船…”って覚えましたよね?
入社したばかりのころは、この先は全く覚えていなかったのですが、今ではミネラル検査で測定する元素記号と性質だけは覚えました。

宇宙のすべての物質は元素でできている。

って、なんだかとてもロマンティックに響きます。

元素周期表はミネラルガイドにも載っていますが、文部科学省のHPからもダウンロードできます。
文部科学省 ダウンロードページ
名称未設定-4

東京エレクトロンという会社の元素周期表は、パソコンの画面を専用のアプリでかざしてみるとアニメが動きます。
東京エレクトロン 元素周期表ページ

dr_genso_pic

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには元素周期表を眺めるというのも楽しそうです。

「私たちの体、住んでいる地球、そして宇宙。
この世に存在するすべてのものは、元素同士の化学反応によってできています。
これらの自然科学の摂理を凝縮した万能の道具が、周期表です」

というAmazonの内容紹介文に惹かれて読んだこちらの本は、化学が苦手な私でも元素って面白い!と思わせてくれました。
オススメです。
『元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち』

written by Perry

有害金属と歯科治療

東京ビックサイトで開催された分子栄養学の宮澤賢史先生のセミナーを拝聴しました。

一昔前まで歯の詰め物“アマルガム”には水銀が入っていました。
それが体調不良の原因だとわかったので歯科医で外したところ、余計に具合が悪くなったという話がありました。
実は、アマルガムを外すときこそが一番危険だそうです。
無防備に機械で削って外す治療では、摩擦で蒸発しガスになった水銀を吸収してしまうのです。
そのため、歯科医は防毒マスクをし、患者は口だけあいているラバーカバーで顔全体を覆うべきなのだそうです。
バキュームでアマルガムを吸引しているから大丈夫という歯科医はいささか疑問です。
バキュームだけでは気化した水銀をすべて吸い取ることは不可能だからです。

歯医者

 

 

 

 

 

 

 

マグロは水銀を多く含んでいることで有名ですが、アマルガムの詰め物をしている人は日々マグロの刺身を1皿食べていると同じ量の水銀を摂取していることになります。
アマルガムが2本の歯に詰められていたら2皿分です。
徐々に溶けて体内に吸収されるのです。
結果として、精神的に病んだり、鬱になったり、難病まで引き起こす原因となりうることを知りました。

余談ですが、歯の根幹を治療しても菌が常在し、悪さをする例がありました。
その方は、リウマチを患っていたのですが怪しい歯を抜歯したら見事に完治したそうです。
さらに、その歯を動物実験でウサギに移植したところ、ウサギはリウマチになったそうです。

朝、コップ一杯の水を飲むことは健康法としてオススメしますが、必ず歯を磨いてからにしてください。
一晩中増殖した口の中の菌を丸ごと飲むことになるからです。

teeth

 

 

 

 

 

 

by yone

現代人はミネラル不足

●現代人はミネラル不足
厚生労働省の国民栄養調査結果によると、日本人は男性、女性ともに必要なミネラルが摂れていません。現代の日本人のミネラル摂取量は年々減少しているのです。h1
なぜなのでしょうか?
●野菜からミネラルが減っている!
これは、野菜に含まれるミネラル量の変化をグラフにしたものです。h2
50年前に比べ野菜に含まれるミネラルが減少しているのがわかります。
たとえば、鉄が多く含まれる代表のほうれん草では、鉄の量は約半分にまで減っています。

なぜなのでしょうか?

 

●土から失われるミネラル
h3
私たちは、生きていくために必要なミネラルを野菜などの食物から摂ります。

でも、過去100年で農地のミネラルはこんなに減っているのです。
減少量が最も少ないオーストラリアでも半分以下、北米大陸では実に85%のミネラルが土から失われてしまったのです。

これは、化学農業の発達に伴いリン・窒素・カリウムのみが入った化学肥料が多用され土壌からその他のミネラルが失われたこと、さらに、下水が発達し、排せつ物が肥料として使われなくなり、2000年以上続いてきた農地へのミネラルの循環が失われたためです。

ミネラルを失った土で育った野菜は、当然ミネラルの量も少なくなります。

こうして、野菜をたくさん食べても十分なミネラル量の摂取が難しくなってしまったのです。

ミネラルは人間が生きていくために欠かせない大切な栄養素です。
ミネラルが豊富な土地で育てられた野菜や果物を食べる、サプリメントを上手に取り入れるなどミネラルをしっかり補給していきましょう。

2013271083974

written by perry

風邪の季節になってきました。

・風邪を治すための栄養素は、なんといってもビタミンCです。
ウイルスへの抵抗力を高め、気道粘膜の修復を図ることが有名です。
レモン1個で70mgのビタミンCを考えれば、サプリ1gで1000mgのほうに軍配が上がります。
ビタミンCは水溶性なので、すぐに体外に排出されてしまいます。
少しずつ、だらだらと摂取するのがコツですね。・たんぱく質
傷ついた細胞の修復や抗体をつくるために必要です。
そして亜鉛、鉄、ビタミンDの摂取が有効らしいです。
抗体がウイルスを駆逐するために免疫グロブリンが必要で、これに必要なのが亜鉛とビタミンAということです。
亜鉛はどうやって摂るかというと、牡蠣の燻製油漬けなど缶詰がいいそうです。1缶45gで11mgも亜鉛が入っています。
次にカシューナッツとアーモンド50gあたり2.2mgは含有しています。
ちなみにビール酵母は亜鉛で有名ですが、30錠で0.43mgしか入っていません。やはり天然食材には歯が立たないのかも。

201411113kaze

 

 

 

 

 

 

 

 

・風邪を引きそうな時のメニューは、
ズバリ、「おでん」がオススメ。これは、魚の持つたんぱく質をそのまま取れますし、体が温まる利点もあります。

その他オススメ食材は、枝豆、無調整豆乳、納豆、おぼろ豆腐、みかんゼリー、温泉卵、鶏ささみが良いらしいです。

風邪にかからないためには、うがい、手洗い、鼻うがいが基本ですよ。

by yone

代官山蔦屋書店進出!

ら・べるびぃの『ビタミンCハンドブック』が代官山蔦屋書店のフェアに出展しています!handbook 

 

 

 

 

 

 

今、代官山蔦屋書店では、クラウドソーシングサービスのランサーズと共同企画でフェアを開催しています。
https://twitter.com/dt_architecture

蔦屋1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代官山蔦屋書店twitterより

蔦屋2
代官山蔦屋書店twitterより

ら・べるびぃの『ビタミンCハンドブック』は、表紙のデザインをランサーズでお願いしたもので、
今回このフェアに参加することになりました。
A5版の小さな本ですが、黄色の目立つ表紙とキュートなべるびぃ博士のおかげでぐぐーんと目を引く一冊になってます。

お近くに行かれる時にはぜひお立ち寄りください。

開催期間は、7月20日(月)~8月22日(土)です。

dr_bellivie

 

 

 

 

written by Perry

長生きに効く食材 その1.ココナッツオイル

プリント

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が多く含まれています。

脂肪酸には短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸があります。
中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸の約4倍の速さで超吸収され、中性脂肪になりにくい特徴があります。
その後、肝臓で分解され脳、神経細胞のケトン体というエネルギー源になります。
だからアルツハイマーなどの痴呆症に有効なのです。また、動脈硬化症などの生活習慣病を予防するのに役立ちます。

長鎖脂肪酸は筋肉、肝臓、脂肪組織に貯蔵され、必要におおじて分解されエネルギーとなります。
悪玉コレステロールが動脈硬化を促進させることがわかっています。善玉コレステロールを増やさなくてはいけないので、
良質なDHA、EPA、αーリノレン酸、シソ油、アマニ油、エゴマ油などのオメガ3の油を積極的に摂取する必要があります。

次に7色の「レインボーフーズ」でバランスよく栄養素を取り入れることをお教えします。
老化防止に色とりどりの食材を合わせて意識して食べましょう

赤:イチゴ、トウガラシ、トマト、リンゴ
黄:かぼちゃ、バナナ、卵の黄身、パウリカ、トウモロコシ
白:モヤシ、大根、鶏肉、レンコン、えのきだけ
茶:ごぼう、シイタケ、アーモンド、豚肉、牛肉
紫:レッドキャベツ、赤玉ねぎ、小豆、ナス、サツマイモ
緑:枝豆、ズッキーニ、ブロッコリー、キャベツ、キュウリ
黒:プルーン、きくらげ、モズク、黒ゴマ、わかめ

by yone

ピンピンコロリ(充実した長寿を)

織田信長が出陣の時好んで舞ったという幸若舞の謡曲の一節に
「人間(じんかん)五十年、下天(げてん)の内をくらぶれば、夢幻(ゆめまぼろし)のごとくなり。
一度(ひとたび)生(しょう)を得て、滅せぬ者のあるべきか。」

というものがあります。
人間の寿命はわずか五十年である。
下天(人間界)の命の長さに比べれば夢、幻のようにはかない。
一度生を受けたら死なない者はいないのだから。
2015068Odanobunaga

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の平均寿命はわずか50年、一度(ひとたび)生(しょう)を得て滅せぬ者はないからこそ、昔は長生きを祝う習慣がありましたが、現在はほとんどの人が80歳以上生きる時代になりました。まさに食物の充実、環境の変化、医学の進歩に他なりません。

健康でいられる歳、いわゆる健康寿命は男性70歳、女性73歳でこの歳以後、亡くなるまでは何らかの病気や認知症などの病気と闘うのが現実です。
つまり10年以上は死ぬまで何らかの病気で薬を飲む生活を続けることになります。
レンタルベット業者さんに聞いたのですが、概ね6か月でベットが戻ってくるそうです。寝付いたら半年で終わりということかもしれません。

今後は、アンチエイジング(老化抑制)、ヘルシーエイジング(健やかに老いる)、そしてアクティブエイジング(前向きに老いる)をめざして、生涯現役
でピンピンコロリが理想ではないでしょうか。

そのためには、薬にたよらないカラダづくりをしていかなければなりません。
多品種の食べ物を少しづつ、腹7分目、野菜から食べる。水をたくさん飲む。体温をあげるように無理のない運動によって代謝による体温をあげることが
お医者様にかからないコツでもあります。
そして、簡単なことはビタミンCをコマメに常に補給することもポイントの一つだと思います。

さぁ、ピンピンコロリ!充実した長寿を目指していきましょう。

by yone

世界と日本のがん

世界保健機構(WHO)傘下の国際がん研究機関(IARC)がまとめた「世界がん報告(2014)」によると、2012年に新規に報告されたがん患者数は1400万人、死者数は820万に、また、現在、ガンと闘病している方は3250万人にものぼるそうです。

全世界で1年間にがんと診断される患者の数は、今後20年間で1.5倍以上増えると予想されため、WHOは各国に警鐘をならしています。

この報告によると、がん症例の約半数は現代の対策である、禁煙や飲酒、食生活、運動などの生活環境の改善、ワクチン接種(子宮頸がん・肝臓がん)で予防可能としています。

また、世界人口におけるがん患者数でみてみると、中国で発症するがんの割合が世界人口に対しがん全体では19%に対し、個々の症例別で見ると肝臓がんが50.5%、食道がん50%、胃がん42.5%、肺がん35.8%と突出して割合が高くなっています。

20150521b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国国内で問題となっている大気汚染(肺に関係)や水質汚染(食道・胃に関係)、食品汚染(食道・胃に関係)、喫煙割合多さ(肺に関係)に密接に関係していると考えられます。また、肝臓はこれらの汚染から身体を守る解毒器官であるため、もっとも割合が高いのかもしれません。

一方、日本国内では世界人口に対し胃がんが11.3%、肺がん5.2%、肝臓がん4.6%と胃がんの割合が高くなっています。

国内のがんについては何か傾向があるのでしょうか?

国立がん研究センターが発表した「全国がん罹患モニタリング集計(MCIJ)2011年罹患数・率報告;2015)」によると全国のがん死亡者を部位別で見ると、胃がんは東北地方の日本海側、肝臓がんは西日本、乳がんは大都市圏や東日本、白血病は九州・沖縄地方で死亡率が高いそうです。

WHOが指摘しているように約半数は予防できるとしているのを考えると、この傾向と生活習慣が何らかの影響を及ぼしているのかもしれません。

written by ら・べるびぃ予防医学研究所 検査室長 Y.

デトックスの時間表

デトックス・・・「解毒」といわれるこの言葉は、体内の有害物質や毒素を排出することをいいます。
現代人の場合、食事・生活用品・大気汚染などから普通に生活しているだけでも有害物質や毒素を摂取してしまいますし、これを完全にシャットアウトすることは不可能です。デトックスを行うのなら、時間にもこだわってみましょう。20150515clock

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

21時から23時に人間の体内免疫系統はもっとも働き、リンパ液などから排毒を始めます。
その時間帯に音楽を聴いたり、リラックスできるようにしましょう。
それが免疫系統の働きを強め、スムーズな排毒をうながします。

23時から1時は、肝臓が働き始めます。 その時間帯は睡眠することが大切です。
その時間に起きていると、肝臓は疲れ、ダメージを受けやすくなります。注意しましょう。

1時から3時は、深い眠りについていることが望ましいです。その時間帯に肝胆は働き始めます。解毒などの効果が出やすい時間帯です。

朝4時ごろ、脊椎では造血の時間です。熟睡して脊椎の働きを妨げないようにしましょう。

3時から5時ごろは、人の肺はデトックスを行なっています。
普段咳をする人では、咳が強まることがあります。 でもすぐに薬を飲んで咳を鎮めてしまうとよくないこともあります。
なぜなら鎮咳薬はデトックスを抑制してしまう場合があるからです。

朝5時から7時ごろは、大腸が活発に動きます。この時間は排便に適しています。

朝7時から9時ごろは、小腸が活発に働き、栄養を吸収する時間です。
この時に小腸では活発に栄養素を吸収します。ビタミンとミネラルが豊富な朝食をこの時間帯の前にすませておくのが効果的です。
朝食をとる時間のお勧めは、
病気のある方は6:30までに、養生の方は7:30前に食べます。
朝食を食べないと一日の栄養バランスを崩しやすく、病気の元にもなります。必ず朝食を食べるように習慣をつけましょう。

written by Yasuno 臨床検査技師・中国医師

食べ合わせの地獄

普段何気なく食べていたものに地獄の組み合わせがありました。
NGな組み合わせをお教えします。20150513table

 

 

 

 

 

 

 

 

発がん物質が生まれる疑いが高まる化学反応がおこる悪い組み合わせ
・ハム×ソース
・サンマ×漬物
・バター×ソーセージ
・ベーコン×ホウレンソウ
・ジャム×ハム
・輸入レモン×紅茶

・牛乳×チョコレート:ポリフェノールの吸収を阻害
・牛乳×トウモロコシ:食物繊維を流す
・牛乳×アンズ:胃を荒らしてしまう
・レモン×キュウリ:ビタミンCを破壊する
・ニンジン×大根:   〃
・ひじき×牡蠣:亜鉛が体外に排出される
・ネギ×わかめ:カルシウムのバランス壊す
・豚肉×キュウリ:体が冷えすぎる
・カニ×柿:  〃
・さつまいも×バナナ:胃腸を冷やす

・カラシ×アルコール:発疹を助長する
・かりんとう×緑茶:鉄分をタンニンが阻害する
・プルーン×紅茶:  〃
・桃×ウナギ:脂肪の吸収を阻害
・生卵×ところてん:腸への負担
・天ぷら×スイカ:胃腸障害

・ホウレンソウ×ゆで卵:鉄分を硫黄が阻害する
・スイカ×ビール:脱水症状
・アルコール×ドリアン:胃腸で発酵、血圧上昇
・大豆×レンコン:胃腸の膨満感

参照:順天堂大学 白澤教授「食べ合わせの天国と地獄」
written by yone