【2022年11月10日】【zoomセミナー】亜鉛不足の現状

221110seminar

【終了】【2022年11月10日】【zoomセミナー】亜鉛不足の現状

(221110seminar)

ら・べるびぃ予防医学研究所の定期セミナーです。

クレジットカードでお申込みをお願いします。

 

今回はら・べるびぃ予防医学研究所 顧問の安田寛が今までの研究内容などを話します。

題名「亜鉛不足の現状」

開催日:2022年11月10日水曜日

時間:12:00~13:00

費用:1,100円

定員:100名

スピーカー:らべるびぃ予防医学研究所 薬学博士 安田寛

 

※参加人数に制限があるため、お送りしたzoomIDは別の方に転送しないでください。

※キャリアメール(au,docomo,softbank)でのお申込みの場合、当社からのメール(inf@lbv.jp)を受信できるように設定をお願いします。

クレジットカードでお申込みをお願いします。

 

安田寛 経歴

1965年 金沢大学理学部化学科 卒業
1967年 金沢大学院理学研究科修了(生物化学専攻)
吉富製薬株式会社研究所入社(劇薬研究に従事)

1978年 薬学博士(九州大学)
1994年 雪印乳業株式会社生物科学研究所主幹(創薬研究)
2003年 ら・べるびぃ予防医学研究所所長(体内微量元素の網羅的分析とメタロミクス研究)
2007年 ら・べるびぃ予防医学研究所顧問

発表論文・総説・報告
Metallomics Analysis for Assessment of Toxic Metal Burdens in Infants/Children and Their Mothers: Early Assessment and Intervention Are Essential
北陸三県住民における有害金属体内蓄積に関する調査研究
The Situation of Zinc Deficiency : Early Assessment and Intervention Are Essential
Assessment of Infantile Mineral Imbalances in Autism Spectrum Disorders (ASDs)
Estimation of autistic children by metallomics analysis Nature Scientific 3,1199 (2013).
Two Age-Related Accumulation Profiles of Toxic Metals Scientific Reports 1: srep00129 (2011).
他多数

学会発表
Metallomics Analysis for Early Assessment and Intervantion of Neurodevolopment Disorder 2022年7月 第8回メタロミクス国際シンポジウム(ISM-8)
毛髪中の金属濃度と疾病予防に関わるメタロミクス解析研究 2019年8月 フォーラム2019 衛生薬学・環境トキシコロジー
日本人における有害金属の体内蓄積の地域差について 2013年3月 日本衛生学会 (2013) 68, S161.
現代日本人における亜鉛不足と加齢に関する研究 2013年6月 日本抗加齢医学会 (2013) 10, O14-1.
Infants and elders are liable to zinc deficiency. 2013年11月 International Society for Trace Element Research in Humans
他多数

 

 

【2022年11月10日】【zoomセミナー】亜鉛不足の現状
在庫状態 : 入荷待ち
¥1,100(税込)
只今お取扱い出来ません