「マリヤ・クリニック」インタビューシリーズ: お話聞かせてください! vol.2

ら・べるびぃ予防医学研究所のミネラル検査を活用している先生のインタビューシリーズ「お話聞かせてください!」第2弾は、千葉市稲毛区にあるマリヤ・クリニックの院長を務める柏崎良子先生と長年にわたり公私ともに院長を支えてきたご主人であり事務長の柏崎久雄さんにお話をうかがいました。マリヤ・クリニックは、日本で初めて分子整合栄養医学を内科に取り入れた栄養医学のパイオニアです。
中でも「機能性低血糖症」については、院長先生ご自身が患い、それを栄養医学で克服した経緯もあり、開院以来一貫して治療に取り組んでいらっしゃいます。
当日は、インタビューの前にマリヤ・クリニックで開催されていた発達障害治療の会研修会にも出席させていただきました。

 

マリヤ・クリニック

・今年の4月に発行された「新・栄養医学ガイドブック」を読ませていただきました。

網羅しているでしょう?

・はい、栄養素の解説だけではなく、なぜ現代に栄養医学が必要とされるのかや、そもそもの身体の働きまで体系的に勉強することができました。

私たちの栄養医学の始まりは、院長が機能性低血糖症に苦しんでいるとき、柿谷正期先生が新聞に連載していた低血糖症についての記事を読んだことがきっかけでした。
柿谷先生の記事によると低血糖症は玄米食で砂糖断ち、ということで白米を胚芽米に、白砂糖をキビ砂糖にしたところ体調が変わってきました。
そこで「これは?」を思い、いろいろと勉強し始めたのです。

栄養医学とは、必要な栄養素を補給することによってその人本来の健康な状態へ回復させる治療法です。
30年前に開業したばかりの頃は「栄養医学などと言っている怪しげなクリニックだ」と、いくら説明しても治療に同意してくれない患者さんや、「そんなところに行くならもうあなたの治療はしない」と精神科の先生に言われ、うちに来なくなった患者さんもいました。
でも、この10年ほど、患者さんの理解や受け入れ方が変わってきたことに驚いています。
今では多くの患者さんが遠方から来院され、治療法を教わりに来る医師も少なくありません。

・マリヤ・クリニックは機能性低血糖症の治療において、日本のリーダー的存在になっていますね。

はじめは、低血糖症の治療法は、日本でもアメリカでも分からなかったのです。
それを私たちが開発してきたという思いはあります。
他の病院やクリニックで私たちの治療法を真似ているところもありますが、すべてを網羅して真似するのならいいのですが「これを飲めば治る」というようなことを言って治療をするところもあるようです。

本やテレビで低血糖症が話題になったときには、200くらいのクリニックが機能性低血糖症の治療を行っていました。
機能性低血糖症では5時間のブドウ糖負荷検査が必要なのですが、それをきちんとやっているところはほんとうに少ないのです。その検査の重要性もわかっていないようです。

私たちはライフワークとしてこれをやっていくのだというだけです。
コツコツと治療をきちんと行っていくだけ。
以前は依頼されれば講演もお引き受けしていたのですが、今はお断りしています。
生きがいは患者さんの治療です。いまさら名前を売る必要もないので、ただコツコツと治療をしてその成果を積み重ねていくだけです。

・今日の研修会は、患者さんのためのものなのですか?

患者さんのためでもあり、治療の区切りとして治療法を再確認して研究を積み重ねていくためでもあります。
それを治療の手引きとして出版し、それを読んで他の先生たちが真似てくれればそれでいいと思っています。

・先生たちの経験をシェアするということですね。

ただ、治療は、本を読んでその通りにやればいいというものではなく、医者や栄養士がその人の持ち味をもって取り組まなければ成果は得られないと思います。

・それは、手間も時間もかかることだと思いますが、それでもやっていこうという原動力は何でしょう?

まず、私自身が病気だったので、患者さんに共感できるというのが大きい。
また、私はクリスチャンなので、良いものを分かち合うということに意味があると思っています。
さらに、うちの栄養士はそういう指導をするのが嫌いじゃない人ばかりなのです。

・栄養士さんたちは、始めから栄養医学のことを学んでいる方たちなのですか?

いいえ、育てるんですよ。
私たち独自の治療をするためには管理栄養士は欠かせない存在です。
ですから、2年くらいかけて栄養医学を学んでもらっています。
その一つが今日やっていたような勉強会です。

私たちは根本治療を行っています。
マリヤ・クリニックがほかの医療機関と違うところは、症状の緩和(対症療法)を目指すのではなく、その症状の原因を探り、不足している栄養素の補給と共に、身体の本来の回復力を促す栄養の補給や免疫力の強化を図っていくということです。そして、患者さんあるいはその保護者や家族にこの治療法を理解してもらい、自分で健康管理が行えるようにしていくことです。
そのためには医者が管理栄養士や看護師などほかのスタッフと緊密に連携していくことが他の病院と比較してもより重要なのです。

発達障害の治療で息子さんがよくなった医師からマリヤ・クリニックは機能性医学の実践をしていますね、と言われたことがあります。
スタッフが医者の指示にただ従うのではなく、医者とスタッフが共同して治療していることが治療の成果を上げていきます。
他の病院とは治療に対する手厚さが違うと思っています。

例えば、血液検査をして異常がなければ問題なしと判断するクリニックも多いようですが、私は患者さんが不調を訴えている限り、何らかの原因があるはずだと考えています。
そこで、さまざまな検査を駆使して原因を追究するようにしています。

・そこで毛髪ミネラル検査もご活用いただいているのですね?

毛髪ミネラル検査は、発達障害の治療にいらっしゃる患者さんに行っています。
有害ミネラル(有害金属)は発達障害の原因の一つとも言われていますから。
発達障害の患者さんは、銅が高く亜鉛が低い傾向が強いですね。

・発達障害の治療はいつから始められたのですか?

10年ほど前です。
当時、機能性低血糖症の治療だけでなく、精神神経症状の内科的治療を模索していました。
そこで代謝異常や有害ミネラル(有害金属)、食物アレルギーの影響に気がついたのです。
発達障害児の検査をすると異常値が多く出て、さらに栄養的にも不足していることがわかりました。
貧血やタンパク質不足を治すだけでも症状が改善する場合があります。さらに、グルテンフリー・カゼインフリーはとても効果的です。
ら・べるびぃで出した「栄養素のチカラ」はいい本ですね、とても参考になりました。
ただ、発達障害児は代謝障害や有害ミネラル(有害金属)の影響もあって、治療はなかなか困難で繊細なものです。患者さんと家族による違いが大きいのです。

機能性低血糖症の治療に関しては、マリヤ・クリニックが世界のトップだと自負しています。
しかし、発達障害に関してはそこまでのレベルになっていない。
10年後には発達障害の治療法を確立したいと思っています。


インタビューの間中、院長先生と事務長ご夫妻の患者さんに対する情熱と愛情がひしひしと伝わってきました。
長時間にわたり、ありがとうございました。


マリヤ・クリニック

所在地: 千葉市稲毛区小仲台6-19-19 Myビル1F
電話:043-287-2624

インタビューシリーズ: お話聞かせてください! vol.1

ら・べるびぃ予防医学研究のミネラル検査を活用している先生のインタビューシリーズが始まります。タイトルは「お話聞かせてください!」。

記念すべき第1弾は「クリケ歯科クリニック」の栗家洋先生にお話をうかがってきました。

クリケ歯科クリニック

栗家先生は、横浜市戸塚区で32年間、歯科医として活躍されています。

「地域の歯医者さん」というだけではなく、患者さんたちの栄養指導にも積極的に取り組まれ、口から始まり全身の健康のために治療を行っています。

某有名女子プロゴルファーなど、トップアスリートも栄養指導や咬み合わせの調整などに訪れているそうです。

当日は、奥様と一緒ににこやかに出迎えていただきました。


・なぜ歯科クリニックで栄養指導をしようと考えられたのですか?

クリニックを開業した当時はまだまだ歯科医師は少なく、学校で習ったことを普通にやっていました。初めの10年はそれで良かったのです。

その後、歯科医の数が急増し、歯科医院も増えました。 ゆるやかな増え方ではなく、急激に増えたのです。 この近所にも歯科医院が増え、患者さんが減っていく、さあ、クリニックの方向性をどうにかしなくては、と悩み、その結果、予防で行こうと決めたのです。

・なるほど…付加価値を模索されたのですね。

予防については、勉強会やセミナーに数多く参加するなど、いろいろな形で勉強しました。

そのころ参加したセミナーで、アメリカの歯科医は内科の下を狙っているという話も刺激になっていました。歯科だけにとどまらず、もう一歩踏み込んだことができるのではないかと思ったのです。

そんなときにセミナーで知り合った先生から、毛髪ミネラル検査を紹介してもらいました。

毛髪検査くらいならやってみようかなと軽い気持ちでしたし、患者さんに痛みがない非浸潤性の検査だというところにも惹かれたのです。

ただ、当時はミネラルをはじめ栄養素のことはよく分かっていなかったので、そこから猛勉強しました。こうして歯科と内科の間の「栄養」という分野に活路を見いだしていったのです。

・歯が痛くて来る患者さんに、栄養指導をされるのですか?

そうです。
体は食べたもので出来ていますから、基本は食事と言うことになるからです。

患者さんによっては、めんどうくさいな、虫歯だけ治してくれよという方もいらっしゃいます。

でも、うちはこういう歯医者でやっていこうと決めたので、ぶれることはありませんでした。

・対処療法も大事ですが、根本療法を積極的に行われているのですね。

私は先日、先生から教えていただいた「ジョコビッチの生まれ変わる食事」という本を読み、とても感化されて食生活を改めました。
本通りの完璧なグルテンフリーはしていないのですが、大量に野菜を摂り、肉や炭水化物を減らしました。そうしたら、疲れにくくなったんです!

そうでしょうね!わかりますよ。

オリンピック並みの選手の指導をしている運動生理学の先生がいらっしゃって、その方はご本人も箱根駅伝に出場したアスリートです。

昔は、運動、肉、プロテインという生活をしていたそうですが、体が悲鳴を上げ、その後勉強した結果、今や完全なベジタリアンですよ。
今は、まったく疲れなくなったとおっしゃっていました。

選手たちにも肉よりも野菜で指導したところ、筋肉の付き方が違うそうです。

うちは患者さんを「健康にする」「病気を治す」ということが目的ですから、そうしてアスリートの方が結果を出してくれれば一般の方へ、いい実例として紹介できて一石二鳥なのです。

・なるほど、たしかに私も以前からグルテンフリーという考え方は知っていましたが、実際に行動するところまで動かしたのはジョコビッチでした。

でも、まだ一般的には、体を動かしたら肉をモリモリ食べて元気!というイメージがありますよね。

そうですね、スポーツ選手が「負けが込んでるからスタミナをつけるために焼肉を食べに行こう」などと言ったりしますが実は大間違い。むしろサラダバーに行きなさい!と(笑)

・イメージが変わりますね。(笑)

うちの55歳の女性の患者さんの話をしましょう。
その方が来院されたときにグルテンフリーの話をしたのです。
それから1か月くらいして予約の電話をもらったとき、「先生に話があるから」とおっしゃる。なんだろうなと思っているとその方が来院し、「先生の話は絶対に嘘だと思った」と言うのです。
だから嘘を暴こうと、食事をグルテンフリーにしてみたのだと。
そうしたら3日で体が変わってきた。まさかと思ってさらに1か月続けたらずっと悩まされていたひどい更年期障害が消えた、と興奮しながら報告してくれました。
嘘を暴くために始めたらウソのように元気になったと言うのです。それから2~3か月後に来院されたときには、今更もう小麦製品を食べようとは思わないと言って、完全にグルテンを絶っていました。

どうしたら病気にならない体を作れるかというと、やはり基本は食事と言うことになります。

でも、食事を変えるということは人生を変えるということ。そのためには強い覚悟が必要です。

「一つの内閣を変えるより、家庭の味を変えるほうが難しい」という人もいます。

だから、家庭で料理を作っている人にきちんと理解してもらうことがとても大切になります。

・その難しいことを実践してもらうためには、どんな話をされるのですか?

それがなかなか難しいのです。
その方のようにすぐに効果が実感できれば続きますが、誰もが劇的に変わるかというとそうでもない。
そうなるとやはり継続してもらうことは難しくなってしまいます。
そういう意味では、ダイエット目的の方がやりやすい。
入り口がダイエットであれば、最終的には食生活を改善して健康な体を作るというふうに持っていきやすくなりますから。

・県外からも栗家先生の栄養指導を受けに来る方もいらっしゃると聞きました。

はい、遠くからいらっしゃる方もいます。やはりアスリートの方の口コミも大きいと思います。

アスリートの方達は体に対する自覚が違いますから、栄養指導にも真剣に取り組まれるので効果が出やすいですね。

・ら・べるびぃ予防医学研究の毛髪ミネラル検査をご活用いただいていますが、どういうタイミングで使っているのですか?

患者さんに見せる道具として、栄養療法のきっかけとして使っています。

患者さんから食生活を聞き、その食事が体を悪くしていると話しただけではなかなか皆さん納得しません。

毛髪ミネラル検査は、実際に体に有害金属が溜まっていることが数値として見えるので、結果を説明することで患者さんが納得しやすくなります。

そこからが始まりです。
体にたまった悪いものを、食事とサプリメントでいかに排泄していくかを指導していくわけですね。

ミネラルは奥が深い。

ほんとうは、こういう検査を保険制度で使えるようにすべきだと思います。
国がこれだけ医療費を使っておきながら、病気になる人の数は変わっていません。

病気になってから治療するということに限界があるのですから、それなら病気にならないような体を作ること、それが一番大事なことだと思うのです。

間違った食生活で体内ミネラルが崩れる、それで病気になった、じゃあ薬を飲んで治しましょう。

これが現状です。

でも、薬は、効果はあるけれど副作用が避けられない。
それがないのが食事、なのです。

・お話は分かるのですが、ジョコビッチの本に載っていたレシピを実践するのはかなりハードルが高そうです。

確かにあの通りは無理ですよね(笑)
グルテンフリーを始めるなら、まずはパンや麺類を止めることから始めるといいです。
いきなり全部やろうと無理をしても、続かなくては意味がありませんから。

 

先日、毛髪ミネラル検査をした75歳の女性はヒ素がすごく高かったのです。

食生活をうかがうと、発酵玄米を主食として食べていました。ご主人も同じような結果になっていました。

健康のために玄米を食べる人が多いのですが、玄米はカドミウムとヒ素に汚染されている場合が多く、無害にして食べるための手間暇が大変と言うこともあって、最近ではもうおすすめしていません。

油を変える、グルテンをやめるなど、やることは山ほどあります。

ほんとうはこういうことを医師がするといいと思いますが、たいていの医師は栄養指導を栄養師に任せてしまっている。

病院や大学の先生達は勉強熱心なので、こちらに方向を向けてくれれば強い力になると思いますが、そうはいっても色々なしがらみが多く、思うように動けないということもあるようです。

それでも最近では、ようやく意識の高い医師が分子栄養学(栄養素で病気を予防する、または病気を治療するという発想に基づく学問)を勉強し始めています。

本当にそうした動きが全国に広まっていくよう願っています。


インタビューは大いに盛り上がり、グルテンフリー以外にも、オメガ6と3、EPA、DHA、カゼインフリーなど様々なことをお話ししていただきました。

 

長時間、熱のこもった貴重なお話ありがとうございました。


クリケ歯科クリニック

所在地: 神奈川県横浜市戸塚区矢部町1205
phone: 045-871-7711