犯罪白書を読み解く

昨日、神戸5人殺傷事件についてとりあげ精神医学と犯罪について述べました。

このような事件が起こると往々にして精神疾患との関連を疑うような報道がなされます。
はたして精神疾患と犯罪に関係はあるのでしょうか?
そこで、精神障害者の犯罪について発表されている資料から調べてみました。
精神障害者と健常者の犯罪率を比較すると
健常者の犯罪率は、25万8,785人÷1億2,410万人×100=0.21%
精神障害者の犯罪率は3,701人÷320万人×100=0.12%
となり、健常者の犯罪率の方が高いという結果となります。

しかし、重犯罪の犯罪率を見てみると殺人16.1%(健常者0.3%)、放火19.6%(同0.2%)と飛躍的に高くなります。


また、アイスランドでは、80年間(1900~1979年)に起きた殺人事件について調べた結果、全体の三分の一が精神障害者による犯行であったと報告されています。このように、精神障害者による重犯罪は、諸外国でも同様の傾向を示すことがわかりました。

しかしながら、「精神疾患」と一括りに言っても、精神疾患にはDSM-Ⅳ(アメリカ精神医学会)やICD-10(世界保健機構)が定める100種類以上の分類があり、すべての精神障害者がこのような犯罪をおかすわけではありません。

一般的に犯罪傾向が強いのは、精神作用物質使用による精神および行動の障害 F1 (F10-F19)やパーソナリティ障害F6(F60-F69)の中のクラスターBと呼ばれるグループとされています。

さらに、薬物の副作用や体内の栄養素の不均衡が精神疾患様の症状を引き起こすことも知られてきました。このような悲劇を繰り返さないためには、投薬中心の治療だけではなく、血液や尿を用いた生化学的検査からそれぞれの個人のバイオタイプを分類し、それぞれに適した治療を行うことが望まれます。

参考資料)
総務省 人口推計(平成25年10月1日現在)
内閣府 平成25年度障害者白書
法務省 平成26年版 犯罪白書
Psychiatric aspects of homicide. Acta Psychiatr Scand. 64(5):363-72. 1981

written by ら・べるびぃ予防医学研究所

神戸5人殺傷事件

10日前の三島の通り魔殺人事件の容疑者は27歳男性。今日の被疑者も26歳男性。
祖父母と隣人を殺害し、他にも刺傷者が出ている模様だ。

警察も精神医学界も早急に対処しなければ同様の悲劇が続く。

米国の1990年以降の校内銃乱射事件の犯人の90%がうつ病であり、大半が葉酸不足のバイオタイプで抗うつ病のSSRIを服用していたという報告がある(「栄養素のチカラ」より抜粋)。

うつ病患者に抗うつ剤が効果的なのは約50%にすぎない。
残りのバイオタイプは効果がまったくないかむしろ逆効果となり、症状が悪化して暴力的になるか自殺願望が高まるという。

凶悪犯罪人の精神疾患状況と服用中の薬を明らかにすべきである。

『神戸5人殺傷 犠牲の祖父に7カ所以上の傷 竹島容疑者 強い殺意か』 (産経新聞 7/18(火) 8:33配信)

 

written by 筒井 豊春

またもや悲劇

またもや悲劇が発生!!

6日深夜、静岡県三島市で通り魔殺人事件が発生した。

容疑者の会社員(27)は近くの交番に自首。「人を殺せるか試したかった」と話しているという。被害者は通りすがりの会社役員(53)。断じて許せない。

状況から判断して、間欠性爆発性障害(Intermittent Explosive Disorder:IED)または、抗うつ薬SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の副作用の可能性が疑われる。

容疑者はうつ病でSSRIの服用は無かったか。
90年以降の米国の校内銃乱射事件の90%が葉酸不足タイプのうつ病で抗うつ薬SSRIを服用していた事実があります。抗うつ剤は、うつをバイオタイプ別に分類した場合、その半分においてむしろ症状を悪化させます。

容疑者の両親、会社同僚、友人などが異変に気付けていた可能性もあります。

息子がこのような事件を起こしたら両親や家族は世間で生きていけない。

働き盛りの被害者の家族は路頭に迷う。

起こってからでは遅い。

再発防止に警察や自治体や医療関係者は今こそ行動を起こさねば同様の悲劇が続きます。ご冥福をお祈りします。

合掌。

男性死亡「刺した」通報の会社員の男逮捕 静岡・三島(毎日新聞

written by 筒井 豊春

乳がん見逃すリスク「高濃度乳房」

高濃度乳房の方の場合マンモグラフィ検診だけでは乳ガンを見逃すリスクがある。

乳腺の密度で1~2番目に高い高濃度乳房は、マンモグラフィでは白く映り乳ガンの発見が遅れる。

40歳以上の約4割が高濃度乳房に該当する自治体も。

念のため自身の乳腺密度の確認と、マンモグラフィとは別途に超音波検査を受けるべきです。

『乳がん見逃すリスク「高濃度乳房」知って 厚労省、通知体制を整備 (日本経済新聞 2017/7/3 23:46)』

written by 筒井 豊春

都医学総研、統合失調症改善へ治験 ビタミンB6で

ウィリアム・ウォルシュ博士の「栄養素のチカラ」 第5章 統合失調症(60~87p)の中でビタミンB6が積極的に処方されています。

博士は統合失調症と診断された3,600人の血液と尿から患者をバイオタイプ別に分類します。それぞれのバイオタイプに応じた栄養療法を行い著しく改善した症例報告がなされています。その栄養療法の全てにビタミンB6が必須のサプリメントとして処方されています。

今ごろわざわざ治験する意味が良く理解できない。

『都医学総研、統合失調症改善へ治験 ビタミンB6で(2017/7/2 23:57日本経済新聞 電子版)』

『栄養素のチカラ 著者:ウィリアム・ウォルシュ博士(William J. Walsh, PhD)』

written by 筒井 豊春

がん検診伸び悩み

小林麻央さんが亡くなられて日本中が悲嘆に暮れている。

今こそがん撲滅に奮起すべきだと思う。

まず禁煙運動の輪を拡げよう。そしてがん検診。欧米に比べ日本人の検診率は低調だが、最大の理由が多忙だそうだ。それから女性の場合は恥ずかしさも一因。
だが、命には代えられない。両方に都合が良いのが郵送検診です。
手遅れになるまえに!

 

がん検診伸び悩み 16年、50%超は男性肺がんのみ
日本経済新聞 2017/6/28

written by 筒井豊春

間質性肺炎

中学以来の親しい先輩が急逝との訃報に茫然自失。

奥さんに話を聞くと間質性肺炎を発症して2週間で旅立たれた由。67歳になられたばかりで来月の初孫の顔も見ずに逝かれた。

間質性肺炎の予防接種は、西田敏行さんがTVで広告していますが私も昨年受けたばかり。どうも先輩は失念していたようだ。慚愧に堪えない。

肺炎は日本人の死因第3位。50代以上の男性で喫煙者に多い。発症して数日から数年で死亡と致死率も高い。予防接種はマストです。

たかが風邪と軽く見てはいけない。「風邪は万病の元」、毎日ビタミンCを摂ろう

合掌。

「間質性肺炎とは」Medical Note

written by 筒井豊春

インタビューシリーズ: お話聞かせてください! vol.1

ら・べるびぃ予防医学研究のミネラル検査を活用している先生のインタビューシリーズが始まります。タイトルは「お話聞かせてください!」。

記念すべき第1弾は「クリケ歯科クリニック」の栗家洋先生にお話をうかがってきました。

クリケ歯科クリニック

栗家先生は、横浜市戸塚区で32年間、歯科医として活躍されています。

「地域の歯医者さん」というだけではなく、患者さんたちの栄養指導にも積極的に取り組まれ、口から始まり全身の健康のために治療を行っています。

某有名女子プロゴルファーなど、トップアスリートも栄養指導や咬み合わせの調整などに訪れているそうです。

当日は、奥様と一緒ににこやかに出迎えていただきました。


・なぜ歯科クリニックで栄養指導をしようと考えられたのですか?

クリニックを開業した当時はまだまだ歯科医師は少なく、学校で習ったことを普通にやっていました。初めの10年はそれで良かったのです。

その後、歯科医の数が急増し、歯科医院も増えました。 ゆるやかな増え方ではなく、急激に増えたのです。 この近所にも歯科医院が増え、患者さんが減っていく、さあ、クリニックの方向性をどうにかしなくては、と悩み、その結果、予防で行こうと決めたのです。

・なるほど…付加価値を模索されたのですね。

予防については、勉強会やセミナーに数多く参加するなど、いろいろな形で勉強しました。

そのころ参加したセミナーで、アメリカの歯科医は内科の下を狙っているという話も刺激になっていました。歯科だけにとどまらず、もう一歩踏み込んだことができるのではないかと思ったのです。

そんなときにセミナーで知り合った先生から、毛髪ミネラル検査を紹介してもらいました。

毛髪検査くらいならやってみようかなと軽い気持ちでしたし、患者さんに痛みがない非浸潤性の検査だというところにも惹かれたのです。

ただ、当時はミネラルをはじめ栄養素のことはよく分かっていなかったので、そこから猛勉強しました。こうして歯科と内科の間の「栄養」という分野に活路を見いだしていったのです。

・歯が痛くて来る患者さんに、栄養指導をされるのですか?

そうです。
体は食べたもので出来ていますから、基本は食事と言うことになるからです。

患者さんによっては、めんどうくさいな、虫歯だけ治してくれよという方もいらっしゃいます。

でも、うちはこういう歯医者でやっていこうと決めたので、ぶれることはありませんでした。

・対処療法も大事ですが、根本療法を積極的に行われているのですね。

私は先日、先生から教えていただいた「ジョコビッチの生まれ変わる食事」という本を読み、とても感化されて食生活を改めました。
本通りの完璧なグルテンフリーはしていないのですが、大量に野菜を摂り、肉や炭水化物を減らしました。そうしたら、疲れにくくなったんです!

そうでしょうね!わかりますよ。

オリンピック並みの選手の指導をしている運動生理学の先生がいらっしゃって、その方はご本人も箱根駅伝に出場したアスリートです。

昔は、運動、肉、プロテインという生活をしていたそうですが、体が悲鳴を上げ、その後勉強した結果、今や完全なベジタリアンですよ。
今は、まったく疲れなくなったとおっしゃっていました。

選手たちにも肉よりも野菜で指導したところ、筋肉の付き方が違うそうです。

うちは患者さんを「健康にする」「病気を治す」ということが目的ですから、そうしてアスリートの方が結果を出してくれれば一般の方へ、いい実例として紹介できて一石二鳥なのです。

・なるほど、たしかに私も以前からグルテンフリーという考え方は知っていましたが、実際に行動するところまで動かしたのはジョコビッチでした。

でも、まだ一般的には、体を動かしたら肉をモリモリ食べて元気!というイメージがありますよね。

そうですね、スポーツ選手が「負けが込んでるからスタミナをつけるために焼肉を食べに行こう」などと言ったりしますが実は大間違い。むしろサラダバーに行きなさい!と(笑)

・イメージが変わりますね。(笑)

うちの55歳の女性の患者さんの話をしましょう。
その方が来院されたときにグルテンフリーの話をしたのです。
それから1か月くらいして予約の電話をもらったとき、「先生に話があるから」とおっしゃる。なんだろうなと思っているとその方が来院し、「先生の話は絶対に嘘だと思った」と言うのです。
だから嘘を暴こうと、食事をグルテンフリーにしてみたのだと。
そうしたら3日で体が変わってきた。まさかと思ってさらに1か月続けたらずっと悩まされていたひどい更年期障害が消えた、と興奮しながら報告してくれました。
嘘を暴くために始めたらウソのように元気になったと言うのです。それから2~3か月後に来院されたときには、今更もう小麦製品を食べようとは思わないと言って、完全にグルテンを絶っていました。

どうしたら病気にならない体を作れるかというと、やはり基本は食事と言うことになります。

でも、食事を変えるということは人生を変えるということ。そのためには強い覚悟が必要です。

「一つの内閣を変えるより、家庭の味を変えるほうが難しい」という人もいます。

だから、家庭で料理を作っている人にきちんと理解してもらうことがとても大切になります。

・その難しいことを実践してもらうためには、どんな話をされるのですか?

それがなかなか難しいのです。
その方のようにすぐに効果が実感できれば続きますが、誰もが劇的に変わるかというとそうでもない。
そうなるとやはり継続してもらうことは難しくなってしまいます。
そういう意味では、ダイエット目的の方がやりやすい。
入り口がダイエットであれば、最終的には食生活を改善して健康な体を作るというふうに持っていきやすくなりますから。

・県外からも栗家先生の栄養指導を受けに来る方もいらっしゃると聞きました。

はい、遠くからいらっしゃる方もいます。やはりアスリートの方の口コミも大きいと思います。

アスリートの方達は体に対する自覚が違いますから、栄養指導にも真剣に取り組まれるので効果が出やすいですね。

・ら・べるびぃ予防医学研究の毛髪ミネラル検査をご活用いただいていますが、どういうタイミングで使っているのですか?

患者さんに見せる道具として、栄養療法のきっかけとして使っています。

患者さんから食生活を聞き、その食事が体を悪くしていると話しただけではなかなか皆さん納得しません。

毛髪ミネラル検査は、実際に体に有害金属が溜まっていることが数値として見えるので、結果を説明することで患者さんが納得しやすくなります。

そこからが始まりです。
体にたまった悪いものを、食事とサプリメントでいかに排泄していくかを指導していくわけですね。

ミネラルは奥が深い。

ほんとうは、こういう検査を保険制度で使えるようにすべきだと思います。
国がこれだけ医療費を使っておきながら、病気になる人の数は変わっていません。

病気になってから治療するということに限界があるのですから、それなら病気にならないような体を作ること、それが一番大事なことだと思うのです。

間違った食生活で体内ミネラルが崩れる、それで病気になった、じゃあ薬を飲んで治しましょう。

これが現状です。

でも、薬は、効果はあるけれど副作用が避けられない。
それがないのが食事、なのです。

・お話は分かるのですが、ジョコビッチの本に載っていたレシピを実践するのはかなりハードルが高そうです。

確かにあの通りは無理ですよね(笑)
グルテンフリーを始めるなら、まずはパンや麺類を止めることから始めるといいです。
いきなり全部やろうと無理をしても、続かなくては意味がありませんから。

 

先日、毛髪ミネラル検査をした75歳の女性はヒ素がすごく高かったのです。

食生活をうかがうと、発酵玄米を主食として食べていました。ご主人も同じような結果になっていました。

健康のために玄米を食べる人が多いのですが、玄米はカドミウムとヒ素に汚染されている場合が多く、無害にして食べるための手間暇が大変と言うこともあって、最近ではもうおすすめしていません。

油を変える、グルテンをやめるなど、やることは山ほどあります。

ほんとうはこういうことを医師がするといいと思いますが、たいていの医師は栄養指導を栄養師に任せてしまっている。

病院や大学の先生達は勉強熱心なので、こちらに方向を向けてくれれば強い力になると思いますが、そうはいっても色々なしがらみが多く、思うように動けないということもあるようです。

それでも最近では、ようやく意識の高い医師が分子栄養学(栄養素で病気を予防する、または病気を治療するという発想に基づく学問)を勉強し始めています。

本当にそうした動きが全国に広まっていくよう願っています。


インタビューは大いに盛り上がり、グルテンフリー以外にも、オメガ6と3、EPA、DHA、カゼインフリーなど様々なことをお話ししていただきました。

 

長時間、熱のこもった貴重なお話ありがとうございました。


クリケ歯科クリニック

所在地: 神奈川県横浜市戸塚区矢部町1205
phone: 045-871-7711