沿革


    2000年5月 東京都渋谷区代々木にメディカル・コミュニケーションズ株式会社を設立
    2000年11月 ICP-MS(誘導結合プラズマ分析装置)を導入
    日本人の毛髪中ミネラル基準値作成のためのデータ収集・研究開始
    2001年5月 本社を神奈川県横浜市に移転
    2002年1月 本社を東京都中央区日本橋新々会館5Fに移転
    社名をら・べるびぃ株式会社に変更
    2003年2月 本社を東京都中央区日本橋富沢町に移転
    2005年7月 医療機器販売事業開始
    2007年8月 「プライバシーマーク」を取得
    2008年4月 海外進出:台湾で毛髪ミネラル検査の販売開始
    2009年9月 論文「毛髪検査値に基づくガンと網羅的ミネラルの関係に関する研究」を真柄 俊二先生(素門八王子クリニック)と共同発表
    2009年10月 「毛髪検査値に基づくガンの評価・判定」について特許出願
    2010年6月 ◇当社研究所の学会誌 投稿
    ■更年期と加齢のヘルスケア 第9巻 第1号pp.52-57.2010
    「更年期におけるヘルスケア:必須ミネラル・有害金属を検査する意義」
    当社予防医学研究所 安田 寛

    ◇当社が受託分析した論文発表
    ■ANTI-AGING MEDICINE 7(3): 32-35 (2010)
    「Correlation Between Mercury Concentrations in Hair and Dental Amalgam Fillings」
    歯科用アマルガム装填本数と毛髪中水銀濃度との関連
    鶴見大学歯学部 梁先生・斎藤先生 他

    ■Current Aging Science, 4, 42-56 (2011)
    「A High Accumulation of Hair Minerals in Mongolian People: 2nd Report; Influence of Manganese, Iron, Lead, Cadmium and Aluminum to Oxidative Stress, Parkinsonism and Arthritis」
    「モンゴル人の高レベルの毛髪中マンガン・鉄・鉛・カドミウム値と酸化ストレス・パーキンソン病・関節症について」
    女子栄養大学 小松文夫教授・香川靖雄副学長 他
    2012年5月 尿中8OHdG自動分析装置ICRの販売開始
    最終糖化生成物測定器AGEリーダーの販売開始
    2014年1月 新衛生殺菌・消臭水生成装置 カンファミキシノーヴァ 販売開始
    2014年6月 爪ミネラル検査の販売開始
    爪有害金属検査の販売開始
    2015年12月 毛髪ミネラル検査プレミアムの販売開始
    2016年5月 第一回予防医学セミナー開催
    2016年7月 ミネラルガイドプロの完成
    ビタミンCハンドブックの完成
    2017年2月 栄養素のチカラ翻訳・出版
    アルファリポ酸ハンドブックの完成