简体中文 お客様総合窓口|e-mail. inf@LBV.jp|tel. 0120-117-424(平日 9:00 ~ 17:00)|fax. 03-3668-5001
ら・べるびぃ予防医学研究所




  1. MENU
  2. 爪有害金属検査
  3. 検査のお申込みについて
  4. ミネラル検査
  5. こんな悩みを持つ方に
  6. 女性の悩み
  7. お子様の発育の悩み
  8. 心の悩み
  9. アレルギー
  10. 環境・食の汚染
  11. 加齢に伴う症状
  12. ミネラルについて
  13. ビタミンについて
  14. アミノ酸について
  15. 脂肪酸について
  16. 学術・学会活動
  17. 会社案内
法人の方へ
本サイトからのお申込み
お電話でのお申込み
携帯から 学術賞創設

ストレス

ある程度のストレスは、人に意欲や活力を与えますが、持続的なストレスや強いストレス下にあると体力や気力を消耗させます。また、免疫機能を抑制しガンやアレルギーなどを発病するリスクを高めます。ストレスにより崩れたホルモンバランスをミネラルによって補い、疾患のリスクを軽減することができます。

副腎皮質ホルモンとの関係

持続的なストレスや強いストレスは副腎皮質ホルモンのバランスを崩しコーチゾルといわれるストレスホルモンを分泌します。コーチゾルは免疫力を抑制するといわれ、消化不良や吸収不良、アレルギー、動脈硬化、高血圧、低血糖、喘息、胃炎、潰瘍など多くの疾患のリスクを高めます。
副腎皮質ホルモンは腎臓の隣にある副腎の周囲にある副腎皮質から分泌されています。


副腎皮質ホルモンの分泌量と主な症状

副腎皮質ホルモン生理作用主な症状
分泌過剰ストレスに抵抗してコーチゾル高分泌興奮しやすい、神経質、動悸血圧上昇、食欲増進、便秘
分泌適量ストレス緩和健康維持
分泌減少副腎の疲弊、ホルモン分泌が低下無気力、疲労感、不眠、偏頭、痛活力・食欲低下、アレルギー

副腎皮質ホルモンとミネラル

副腎は電解質ミネラルといわれる、ナトリウムやカリウムのバランスを整える機能があります。しかし、強いストレスの影響下にあると、これらのバランスが崩れストレスからくる様々な症状を引き起こします。
「毛髪ミネラル検査」では毛髪中のナトリウムとカリウムがともに高い場合、身体がストレスに戦っている状態(副腎ホルモン分泌過剰)、またナトリウムとカリウムがともに低い場合、身体がストレスにより疲弊している状態副腎ホルモン分泌減少)と考えます。
このような傾向は「毛髪ミネラル検査」を受けて頂いている方々の多くに見受けられ、最近ではお子様にも同様の傾向が見られるため危惧しています。

ストレスを軽減させるミネラルやその他栄養素

このようなミネラルや栄養素は副腎皮質ホルモンのバランスを整え、ストレスから身体を守ります。


ストレスを軽減させるミネラルやその他栄養素

栄養素生理作用多く含む食品
マグネシウム筋肉、神経の緊張緩和かぼちゃの種、玄米、きな粉、豆腐、田作り、そば、小麦胚芽
亜鉛免疫機能向上、アレルギー緩和牡蠣、うなぎ、牛・豚赤身、ほたて、かぼちゃの種、ココア
ビタミンCストレス中尿中排泄増加赤ピーマン、ブロッコリー、芽キャベツ、キウイ、柑橘類全般
パントテン酸副腎を刺激しコーチゾル生成鶏レバー、子持ちカレイ、納豆、ささみ、たらこ、鮭、アボカド
葉酸アドレナリン生成に必要鶏・豚・牛レバー、マンゴー、とうもろこし、枝豆、あさつき
メチオニンアドレナリン生成に必要鶏・豚・牛・羊肉、全粒小麦、レバー、さんま、鮭、納豆、卵
フェニールアラニンアドレナリン製造原料鶏肉、さんま、チーズ、白花豆、凍り豆腐、ごま、アーモンド
カルニチンエネルギー生産に必要ラム肉、牛肉、赤貝、牡蠣
ユビキノン(CoQ10)エネルギー生産に必要まいわし、さば、あじ、ぶり、豚・牛(肉・レバー)、くるみ


ミネラル検査についてはこちらから
検査のお申込みはこちらから