简体中文 お客様総合窓口|e-mail. inf@LBV.jp|tel. 0120-117-424(平日 9:00 ~ 17:00)|fax. 03-3668-5001
ら・べるびぃ予防医学研究所




  1. MENU
  2. 爪有害金属検査
  3. 検査のお申込みについて
  4. ミネラル検査
  5. こんな悩みを持つ方に
  6. 女性の悩み
  7. お子様の発育の悩み
  8. 心の悩み
  9. アレルギー
  10. 環境・食の汚染
  11. 加齢に伴う症状
  12. ミネラルについて
  13. ビタミンについて
  14. アミノ酸について
  15. 脂肪酸について
  16. 学術・学会活動
  17. 会社案内
法人の方へ
本サイトからのお申込み
お電話でのお申込み
携帯から 学術賞創設

金属アレルギー

アマルガムの水銀をはじめ、口腔内金属や日常使用される合金にはコバルトやクロム、ニッケルなど、金属アレルギーの原因と考えられるものがあります。

「毛髪ミネラル検査」は金属アレルギーを診断するための検査ではなく、ミネラルの蓄積度を判断するための検査です。

原因や病態が複雑な金属アレルギー

近年、金属アレルギーやその擬似的疾患が増加してきました。花粉症やアトピー性皮膚炎など自己免疫に由来する様々な疾患との関連性が指摘されています。人体のメカニズムを狂わせることから、肥満、糖尿病、自閉症、発癌、老化などとも無縁ではないという見解も出されています。このような疾患が増加している土壌となっているのは大気汚染、食品添加物、残留農薬などの環境汚染です。それに加えて、歯科用金属の大量使用が症状を悪化させているのではないかと考えられています。特にアマルガムに含まれる水銀はもっとも危険な金属のひとつです。患者さんが金属アレルギーに気が付くきっかけは、ピアス、ネックレスの使用によるかぶれや湿疹などの皮膚症状が発端となることがほとんどです。
しかし、金属アレルギーはその原因や、病態が複雑で鑑別診断や治療法の選択に苦慮することも少なくありません。原因と考えられるピアス、ネックレス、歯の詰め物を取り除いたとしても、全ての症状が直ちに消失するわけではありません。検査や原因の除去、体内からの排泄の促進(デトックス)などについて、研究を進める必要があります。
以上 金属アレルギー学会HPより抜粋

金属アレルギー症状と疑われる原因

金属アレルギーの症状としては、口内炎や口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬が、また、全身疾患としては全身性接触皮膚炎や掌蹠膿疱症や顔面湿疹などがあります。金属そのものは身体に対して無害なものですが、汗をかくとネックレスや時計の革ベルトの部分の肌が赤くなったり、かゆみが出たりします。これは汗の塩分が金属材料のイオン化を促しイオン化した金属が体内に取り込まれるためです。症状が出る革製品は六価クロムによってなめされた製品で、現在では使用されていませんが、アンティーク製品を身に着ける場合には注意が必要です。歯科治療には合金が用いられますが、貴金属の含有量が少ないほど溶け出しやすくなります。上下の歯が噛み合った時の摩擦によって合金粒子が唾液中に拡散し、危険性が高くなります。多数の歯に多種類の合金が使われているとイオン化傾向が強くなり、症状が出やすくなります。
症状としては、口内炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬などで、全身疾患としては、全身性接触皮膚炎、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、扁平苔癬、偽アトピー性皮膚炎、顔面湿疹などです。
以上 金属アレルギー学会HPより抜粋

金属アレルギーが疑われる場合のステップ

「毛髪ミネラル検査」は金属アレルギーが疑われる場合に、その金属がどの程度体内に蓄積されているかを確認し、体内からどのように軽減・排泄していけば良いかの判断材料のひとつとして使われています。

Step1. 検査(パッチテスト) 皮膚科・歯科領域

特に歯科領域では次の金属が疑われます。

水銀アマルガム合金

アマルガムは水銀と銀、スズ、銅などを錬和し硬化させて、口腔内の充填用として使用されています。かつては、成分のおおよそ50%が水銀のアマルガム合金が汎用されていたと言われていますが、現在では3%以下(JIS規格)に抑えられています。健康保険が適用され広く使用されていた材料ですが、辺縁破損が起こりやすく、二次カリエス(虫歯)の 発症頻度が高いこと、また、歯科用の水銀は人体に害がないといわれている無機水銀が使用されていますが水銀による人体と環境への影響の懸念から、水銀の使用を止めた歯科医院が増えています。

銀歯

保険適用の銀歯には銀とともに、ニッケルやコバルト、パラジウムなどアレルギーを起こしやすい金属が合金として使われています。また金合金であってもアレルギーを起こすことがありますので、疑わしい場合は歯科での検査をお勧めします。

Step2. 特定された金属の除去

特定された金属がアクセサリー・ピアスなど身につけるものであれば、身に着けない、また歯科金属であれば歯科医院でノンメタル治療を要します。

Step3. 毛髪ミネラル検査の実施

パッチテストで特定されたアレルギーを引き起こす金属は体内でも低いほうが望ましいと考えられます。
毛髪ミネラル検査はその現状の把握やアレルギーを起こさない体質造りにおいて欠かせない必須ミネラルのレベルの確認、また、有害金属の蓄積度を確認できます。

神奈川歯科大学附属病院 歯科アレルギー外来では金属アレルギー検査に当社の「毛髪ミネラル検査」が活用されています。

当社の検査を受検される理由としてこのような声を頂いています。

  • アレルギーを起こす原因となる金属の体内蓄積がどれくらい進んでいるか検査してみたい。
  • 副作用が全くない検査であるから試してみる価値がある。
  • 自分の抱えている問題の解決の糸口にできる可能性がある。
  • 価格的負担も大きくないので試してみたい。


ミネラル検査についてはこちらから
検査のお申込みはこちらから