简体中文 お客様総合窓口|e-mail. inf@LBV.jp|tel. 0120-117-424(平日 9:00 ~ 17:00)|fax. 03-3668-5001
ら・べるびぃ予防医学研究所




  1. MENU
  2. 爪有害金属検査
  3. 検査のお申込みについて
  4. ミネラル検査
  5. こんな悩みを持つ方に
  6. 女性の悩み
  7. お子様の発育の悩み
  8. 心の悩み
  9. アレルギー
  10. 環境・食の汚染
  11. 加齢に伴う症状
  12. ミネラルについて
  13. ビタミンについて
  14. アミノ酸について
  15. 脂肪酸について
  16. 学術・学会活動
  17. 会社案内
法人の方へ
本サイトからのお申込み
お電話でのお申込み
携帯から 学術賞創設

歯周病

成人の約80%がかかっているといわれている歯周病。正しいブラッシングはもとより、正しいミネラルと栄養の摂取により歯周病の緩和と予防も手助けのひとつとなります。「口元」の印象に大きく影響する歯周病。虫歯とともに歯周病の緩和と予防に心掛けてください。

気づかないうちに進行する歯周病

歯周病は自覚症状が出にくい病気のため、この病気にかかっているにもかかわらず気付いていない方もかなりいると予想されます。実際に、日本人成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれ、虫歯以上に気を付けなければならないかもしれません。

歯周病の原因

歯周病は歯周病菌が歯と歯肉の間に入り込むことで感染します。感染すると歯肉(歯茎)の腫れや出血による組織の破壊や、歯を支えている骨が侵され、最終的には歯が抜けてしまいます。歯周病は最も感染者数の多い感染症としてギネス記録になっているほどです。歯周病が怖いのは、単に口の中の病気というのではなく、糖尿病や早産、未熟児、心臓病、脳卒中、肺炎など様々な病気を引き起こす可能性があるということです。
歯周病に罹ると歯肉の弾力性が低下することで歯肉が下がり、歯周ポケットが深くなります。これは歯周病菌の出す毒素によって歯肉の構成成分であるコラーゲンの分解や歯槽骨組織の破壊が引き起こされるからと考えられます。

歯周病と糖尿病の関係

歯周病から発生する炎症性サイトカイン「TNF-α」は糖の取り込みを阻害しインスリン抵抗性を引き起こすため、糖尿病の症状の進行に影響を与えていることが考えられるようになってきました。従って、歯周病の症状を抑えて、炎症性サイトカインが少なくなることで糖尿病の症状を緩和することが期待されています。

歯周病と心疾患の関係

歯周組織で産生された炎症性サイトカインなどが歯周ポケットを介して血液中に侵入し心筋血管に作用し血管を変性させます。また、ある特定の歯周病原菌は血小板の凝集機能があるため、凝集した血小板によって血栓を形成し血管を狭めてしまう可能性もあり心疾患のリスクになると考えられています。

ミネラル・ビタミンによる歯周病緩和・予防

歯周病による炎症はミネラルやビタミンを摂取することにより緩和・予防が期待できます。

水銀の排泄

水銀の蓄積は炎症を悪化させます。水銀の排泄を促進するためには、水銀排泄物質でメタロチオネインの構成成分である亜鉛やマグネシウム、毒性軽減作用を持つセレンを摂取しましょう。また、水銀の蓄積が懸念される大型魚のマグロを避け、水銀の心配が少ない小魚(しらす干し、わかさぎ、きびなごなど)やアジ、イワシ、サンマ、サーモン、貝類、甲殻類を摂取するようにしましょう。

マグネシウム

マグネシウムは歯を支える歯槽骨の構成成分で、不足すると歯肉の血流を悪化させ、炎症を起こしやすくします。

カルシウム

カルシウムはマグネシウムと同様に歯を支える歯槽骨の構成成分で、不足すると歯肉の血流を悪化させ、炎症を起こしやすくします。

亜鉛

亜鉛は歯周病から発生する炎症性サイトカイン「TNF-α」の抑制作用があるため歯周病の緩和効果があります。

銅は歯周病から発生する炎症性サイトカイン「TNF-α」の抑制作用があるため歯周病の緩和効果があります。

マンガン

マンガンは歯周病から発生する炎症性サイトカイン「TNF-α」の抑制作用があるため歯周病の緩和効果があります。

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用を持つので歯周病の予防効果があり傷の治りを早くします。また、歯周病により分解されるコラーゲンの生成にも必要不可欠な栄養素です。抜歯やインプラント挿入後のケアにも注目です。

ビタミンB群(B6・B12・葉酸)

歯や歯茎の構造は骨と同様に、コラーゲン線維がその強さを支えています。歯周病原因菌によって歯茎が炎症を起こすとコラーゲン分解酵素が大量に発生し、歯茎のコラーゲンを溶かし減少させることで歯周病のリスクとなります。また、このような状況で、ホモシステインの生成が促進されると、さらにコラーゲン構造を脆弱させてしまします。ビタミンB群は、このホモシステインの生成を抑制する働きがあります。

ビタミンD・ビタミンK

ビタミンDやビタミンKは骨の形成や骨密度の保持に不可欠な栄養素です。

その他

アミノ酸のプロリンやリジン、グリシンは、コラーゲンの原料として重要です。

正しいブラッシングによる歯周病緩和・予防

ミネラルやビタミンの摂取も必要ですが正しいブラッシングも必要です。このようなことを心掛けて歯周病の緩和・予防に努めましょう。

ヘッドの小さなハブラシを選ぶ

ハブラシのヘッドは小回りがきいて磨きやすいので小型のヘッド、硬い毛は歯や歯肉(歯茎)を傷つけることがあるので毛の硬さは普通の硬さのナイロン毛が最適です。歯肉(歯茎)の炎症が強い場合、最初は柔らかい毛を使用し、炎症が治まってきたら普通のものに代えることをおすすめします。

ハブラシは鉛筆を持つような握り方で、力を入れずに磨く

ハブラシをしっかり持ってしまうと、動かしにくいので奥歯まで磨けません。また、強い力でゴシゴシ擦れば、歯肉や歯の根を傷つけてしまったり、毛先が倒れてしまい歯垢がうまくとれません。傷つけてしまうとそこから歯周病になることがあります。

鏡を見ながら磨く

大きな口を開けて自分の歯の状態を見ながら行うことで、歯ブラシのあたりにくい所やくちびるにおおわれてブラシが届かない所などを発見できます。特に、歯と歯肉の間や歯と歯の間はそこに毛先はあたらないと歯垢は落とせません。

小刻みに磨く

多くの方が、ブラシを動かす距離が長すぎるようです。歯ブラシを動かす距離は5mm程度(歯1本分くらいの幅)の細かい往復運動が歯垢を落としてくれます。



ミネラル検査についてはこちらから
検査のお申込みはこちらから