简体中文 お客様総合窓口|e-mail. inf@LBV.jp|tel. 0120-117-424(平日 9:00 ~ 17:00)|fax. 03-3668-5001
ら・べるびぃ予防医学研究所




  1. MENU
  2. 爪有害金属検査
  3. 検査のお申込みについて
  4. ミネラル検査
  5. こんな悩みを持つ方に
  6. ミネラルについて
  7. ビタミンについて
  8. アミノ酸について
  9. 必須アミノ酸
  10. 非必須アミノ酸
  11. 脂肪酸について
  12. 学術・学会活動
  13. 会社案内
法人の方へ
本サイトからのお申込み
お電話でのお申込み
携帯から 学術賞創設

フェニルアラニン

フェニルアラニンは脳内で神経伝達物質を生合成するために必要なアミノ酸で、牛乳やタマゴ、肉などに多く含まれています。
そのため神経機能への有効性が期待され、うつ病やパーキンソン病の治療に有用との報告があります1-3)。しかし、症状を悪化させるとの報告もあり、今後さらに科学的な蓄積が必要と思われます4-6)
フェニルアラニンの代謝阻害により発症するフェニルケトン尿症(チロシンの前駆体であるフェニルアラニンを代謝できない遺伝病)は、長期間続くと脳の発達が妨げられ知的障害を引き起こします。日本ではすべての新生児に対しスクリーニングが行われ、生後1週間でこの疾病の有無が判別できる対策がとられています。全国で約500人ほどの方がこの疾病を持っており、約8万人に1人の割合で見つかるといわれています。


参考文献
  1. DL-phenylalanine versus imipramine: a double-blind controlled study. Arch Psychiatr Nervenkr. 1979 Jul 4;227(1):49-58.
  2. L-deprenyl plus L-phenylalanine in the treatment of depression. J Neural Transm. 1984;59(1):81-87.
  3. Therapeutic action of D-phenylalanine in Parkinson's disease. Arzneimittelforschung. 1976 Apr;26(4):577-579.
  4. Influence of meal ingestion time on pharmacokinetics of orally administered levodopa in parkinsonian patients. Clin Neuropharmacol. 1987 Dec;10(6):527-537.
  5. 'On-off' phenomenon in Parkinson's disease: relationship between dopa and other large neutral amino acids in plasma. Neurology. 1988 Aug;38(8):1245-1248.
  6. The acute effects of a loading dose of phenylalanine in unipolar depressed patients with and without tardive dyskinesia. Neuropsychopharmacology. 1992 Jun;6(4):241-247.


ミネラル検査についてはこちらから
検査のお申込みはこちらから